Skip to content

夜も熱中症に気をつける時代

昨今の気温の上昇の仕方はたまらない。

 

8月が始まった途端に35℃を超える猛暑日がやってきた。

 

僕は真夏は暑くて苦手だが、冬より好きだ。

 

なぜかって、暑さの中にも涼しさの楽しみ方がたくさんあるから。

 

夏は風流で流しそうめん、夏祭り、打ち上げ花火、冷たいスイカ等、涼しさを醸し出すシチュエーションやイベントがたくさんあるのだ。

 

朝晩に周りから聴こえてくるひぐらしの鳴き声も涼しさと切なさを感じさせてくれるとても風流なシチュエーション。ものすごく好きなのだ。

 

お盆の集まりも風流、精霊流しもまた風流。8月が終わる頃に皆で楽しむ手持ち花火もまた風流。

 

僕は四季の中で夏が一番好きだと思う。スイカが好きという理由もあるかもしれない。

 

暑い夏で気をつけておくべきことといえば熱中症だ。

 

炎天下に長時間いたり、汗をかく機会が多かったりすると水分補給と塩分補給は必要不可欠。

 

何か有ってからでは遅いから、仕事中であっても授業中であってもいつでも水分と塩分を補給できる体制にしておくべきだ。

 

さらに、猛暑日の夜も気温があまり下がらない日があるので熱中症に気をつけておかなければいけない。

 

おすすめは、寝る前に1杯の水を飲んでから寝ること。

 

できれば、冷房等で部屋を涼しくして寝て欲しいと思っている。

 

電気代は高く付くが、命には変えられない。そこは我慢しなくていいと思う。
https://tengu-matsuri.com/

Published inその他