Skip to content

生理的口臭について

誰にでも起こるもので、時間帯やストレス、生活習慣、飲食によって左右されます。

ほとんどの人の口臭は生理的口臭から起こっているとされています。

口臭が強くなっている時は口の中がいつもと違う不快な感覚になるため自分でも気がつくことが多いです。

その原因については下記の6点です。

(1)舌苔(ぜったい)

舌の上に付着している白い堆積物です。健康な状態ではうっすらついている程度でにおいを発することはありませんが厚く付着すると硫黄ガスのようなにおいを発します。

(2)口の乾燥

就寝時や緊張しているときなどは唾液が減り、口の中が乾燥します。そうすると口の中の細菌が繁殖し、口臭を発します。

(3)飲食

ニンニクやネギなどのにおいの強い物や、アルコールを摂取すると口臭を発します。これは口の中に残ったカスがにおう場合と、胃腸で消化されて血液中に吸収されたニオイ物質が血管を通して肺に達し、肺から吐く息とともに排出されてにおう場合があります。

(4)歯垢(しこう)

歯の表面に付着する歯垢がたまると細菌が代謝してニオイを発します。

(5)膿栓(のうせん)

のどの扁桃(へんとう)の部分に膿栓と呼ばれる白いカスがたまると口臭の原因になります。

(6)ホルモンバランス

女性の場合、ホルモンバランスによっても口臭が強くなることがあります。

やはり口臭を消すにはこれしかありません「イニオ,口臭評判

Published in健康