Skip to content

乳酸菌 その2

乳酸菌生産物質は乳酸菌の代替物の総称のことであり、腸内でビフィズス菌などの
善玉乳酸菌が作り出している物質のことを言います。
 
乳酸菌そのものをヨーグルトや乳酸菌飲料で取り入れると腸内環境が整えられて
健康に役立つという理論は間違いではありません。でも乳酸菌そのものが

腸に入ってもその乳酸菌はもともと腸内の菌ではないため、腸内で繁殖することが
かなり難しく、対外に排出されることがい多いです。
 
乳酸菌の代謝過程が作り出す有用成分のことを乳酸菌生産物質と言います。
 
乳酸菌生産物質は、生きた菌ではありません。
 
乳酸菌生産物質はもともと腸の中の善玉菌が代謝している物質を摂取することで
健康に役立つという思想のもとにつくられています。
 
ひとつの例としては、16種類35株の乳酸菌・ビフィズス菌を独自の培養方法で発酵させて代謝物を得る事で「乳酸菌生産物質」を作っています。
 
乳酸菌生産物質を取ることで腸内環境を改善しつつ、有用成分がダイレクトに体内に吸収されます。乳酸菌そのものが腸に入ってもともと腸内にいる菌とは異なるため腸内で繁殖することは困難であるといわれています。
乳酸菌を活用したサプリでおススメなのはコチラ
Published in健康