Skip to content

太っているのがコンプレックスだった高校時代

ダイエットって一人で行うのは本当に難しいです。
私は高校生のときに一番太っていたので、その当時はよくダイエットを行いました。ただダイエットに挑戦しているということを家族に言うのが恥ずかしく内緒にしていたので、毎日の食事も家族と一緒に食べており、食事を制限するということができずにいました。
そのため家族に分からないように少し食事を控えるといったことしかできず、なかなか痩せるというところまでいきませんでした。
そうして感じたのはダイエット成功のためには、周囲に宣言したほうが良いということです。周囲にダイエットをしていると宣言すると途中で諦めるというわけにもいかず、おまけにその周囲の人たちにも協力をしてもらえるので、一人で行うよりは格段に成功率は上がると思います。
私の場合は結局高校生の時にはダイエットをしているとは言い出せなかったので、失敗ばかり繰り返していました。
そうして高校時代は、太っていることがコンプレックスのまま過ごすことになったのでした。

生酵素ダイエットのサプリはこちら

Published in美容